FX独り言ブログ

ランドバンキングって? - FXをはじめ株式・金・投資信託などいろいろな投資と情報

ランドバンキングって?

最近、本屋でよく見るようになったこの本↓↓↓



それで、ランドバンキングについて調べてみると

■『ランドバンキング(Land Banking)とは、1970年代のアメリカにおける地方自治体の土地利用の際に用いられた土地の有効取得手法に対して名づけられたものが最初と考えられている。

その後、この言葉は民間の不動産開発会社による長期的な不動産開発ビジネスを意味するものとして使用されることになった。開発までの期間が長いことが理由で、投資家からの資金で事業を進めていくことが多いことから、不動産開発を利用した投資商品ランドバンキングと呼んでいる場合もある。

各国においてランドバンキングという言葉の確固とした定義は存在しないと思われる。国によって細かい意味は異なるようであるが、一般的にはこうした未開発の不動産を活用した資産運用手法がランドバンキングと呼ばれている。』(ウィキペディア抜粋)

ということです。

■一般的な開発手法

1.ランドバンキング会社は、将来(4年~10年)先に開発需要が見込まれる土地(Raw Land)を選び出し、非常に低廉な価格で大規模に買収する。
2.その後、投資家が投資できる程度に小口化して販売し、土地の取得費用と開発に向けての事務コストを回収する。投資家は売却までの期間は何も行わず、ランドバンキング会社に管理・運営を任せることとなる。
3.投資家への販売後、ランドバンキング会社は豊富なノウハウ・経験に基づいて都市開発のプランニングを行い、行政(市・郡・州など)と共に「更地から商業地や宅地など開発可能な土地への地目変更」を済ませていく。
4.プランニングを済ませた後は、自社で開発を進めていく場合と開発会社などに売却する場合などさまざまである。

大部分は完成前の段階で売却して投資家に利益を分配する方法
(ウィキペディア抜粋)

投資商品としての概要
投資金額:1エーカーあたり100万円から1000万円程度(現地通貨建ての場合が多い)
投資期間:3年~10年
期待収益:利回り10%~30%


といった感じですが、不動産への投資ではあるがREIT(不動産投資信託)とはちょっと違うんですね。


「資金があれば投資してみたい」と ちょっと思った^^;


まだまだ僕見たいのものみは、敷居が高いですが・・・。





ランドバンキングを知りたい方はこの本読んでください。↓↓↓


関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
FXトレード日記のランキングは?
new お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!PointPay
コメント
非公開コメント

FXトレード日記のランキングは?

トラックバック

http://gonem.blog.fc2.com/tb.php/23-1c80ea6d