FX独り言ブログ

伊達茶のファンドが開始です~ - FXをはじめ株式・金・投資信託などいろいろな投資と情報

伊達茶のファンドが開始です~

セキュリテ被災地応援ファンドニュースが届きました。^^ (セキュリテ被災地応援ファンドって何?という方はこちら


塩釜から初!「伊達茶」のブランド化を目指す矢部園伊達茶ファンド募集開始となりました。

詳細・お申込はこちら:
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=372


~~~~セキュリテ被災地応援ファンドニュース引用~~~~ 



新ファンド 「矢部園伊達茶ファンド」が募集を開始しましたのでご案内いたします。
セキュウリテ被災地応援ファンド
本ファンドの営業者で矢部園茶舗は宮城県塩釜市にあるお茶屋さんです。
 (参考)ウェブサイト:http://yabe-en.com/top/index.html


矢部園のお茶は、徹底的に茶農家にこだわることから始まっています。
扱っている茶葉は、すべて生産者の顔がみえます。一生をかけてお茶を作っている農家の方が安心して作り続けていけるように、 矢部園は、お茶だけでなく、お茶の文化も伝えながら、 積極的に農家と消費者をつなぐ役割を担っています。


◇矢部園の決意

お茶へのこだわりに加え、今回特にお伝えしたいのが、 地元塩釜の復興にかける思いです。いち早く建てた店舗は、
プレハブの仮設店舗ではなくあくまで本設にこだわりました。

周囲にはまだ何の建物も無いような中で再建された本店は、必ずその地域から離れないという強い決意を感じさせるものでした。
地元のお客さまが立ち寄って、ほっと落ち着くような空間に仕上がっています。

矢部園の3代目、矢部亨さんは、震災前には日本青年会議所の宮城ブロック協議会や東北地区協議会の会長なども務め、
地域の仲間とのつながりも深く、現在は、塩釜の再開発計画にも関わっています。


◇資金使途について

これまでに、全壊した塩釜本店の修築、耐震補強、内装、インフラ整備、 設備入れ替え、外構、外装工事、地盤沈下した路面の修復、茶倉庫の修復、お茶詰めを行うための作業スペースの修復などの費用は自己資金や金融機関からの借入によって最大限工面してきました。

今回、ファンド資金では、北限の日本茶「仙台銘茶・伊達茶」 (石巻産の魂の復興茶)のPETボトルや、限定新茶(一芯三葉摘み茶)の仕入や加工などの商品製造費用等に使わせていただきます。

矢部園はまちの復興までの道筋が見えない中、様々なリスクを負いながらも、お茶およびお茶文化を通じて お茶農家と消費者をつなぐこと、そして、地元塩釜の復興の牽引に向けた事業計画の実現に強い信念を持って取り組んでいる大変素晴らしい事業者です。

様々なリスクについては重々ご理解を頂いた上で、 ご負担頂ける範囲で、矢部園の目標の実現に向けて、出資を通じて応援して頂きたいと強く考えております。

ぜひ一度ファンドの詳細をご覧ください。
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=372


そのほかの被災地応援ファンドはこちら↓↓↓からどうぞ

セキュウリテ被災地応援ファンド








関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
FXトレード日記のランキングは?
new お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!PointPay
コメント
非公開コメント

FXトレード日記のランキングは?

トラックバック

http://gonem.blog.fc2.com/tb.php/621-9e6a80d8